最新のお知らせ

最新のお知らせ

プレスリリース

都内某IT企業様にてカードゲームでチームビルディングを開催しました。

2019.11.01

都内某IT企業様にてカードゲームでチームビルディングを開催しました。

都内某IT企業様のマネージャーの方から部署内のコミュニケーションを活性化させたいとの相談がありました。

部署には50名程の社員がいるが、5~6チームに分かれてプロジェクトを推進しているため、リーダー同士の会話はあるものの、チームの枠を超えた社員同士のアクティブな会話がほとんどないということでした。

働き方や個人の趣味趣向、価値観が多様化するなか、飲み会に誘っても参加率が思わしくないという経験をされたマネージャークラスの方も多いのではないでしょうか?

そこでご提案させていただいた社内イベントが、カードゲームでチームビルディングになります。

【カードゲームでチームビルディングのメリット】
・社内の会議室で実施できるので準備の手間を軽減できる
・移動に時間がかからないため、社員の参加率を高めることができる
・会場費がかからないので、経費削減ができる
・ルールが簡単で会話がメインとなるゲームを取り入れることで、社内での立場を超えたコミュニケーションの機会を創出できる
・チーム一丸となりミッションをクリアすることで得られる達成感が、社員の連帯感を高める
・社員それぞれの個性を発揮しながら目標を達成することで、お互いを認め合う機会となる

以上のように、まさに今の時代にマッチした社内イベントとなります。


今回は「カードマスターXからの挑戦状」と題し、3つのゲームを準備しました。
まずは、ルールが簡単な会話形式のゲームであるワードウルフをアイスブレイクとして、
次に、みなさんご存じの人狼ゲーム、
最後に、頭脳派・戦略系スパイ・ゲームのコードネーム。

【事前準備として】
・会場下見、事前打ち合わせ
・課題解決に適したカードゲームの選定
・プログラム・企画書作成
・カードマスターXからの挑戦状(案内状)を作成し、メンバーをご招待
・チーム分け(短時間の中で一人でも多くの社員と会話ができるように配慮)
・台本作成
・音響制作
・カードゲーム制作

運営側で事前にシミュレーションを繰り返し、スムーズに進行するための細かな時間設定と、盛り上がるための演出をチューニングし、本番を迎えました。
特にルールを理解してもらうための工夫とデモプレイから本番プレイへのスムーズな移行に配慮しました。

当日は、このイベントのために大阪から出張される方もおり、みんな心待ちにしていただいているとのことでした。
社内の会議室ということもあり、集まりが非常によく開始時間10分前には、ほぼ全員が着席していました。
まずはマネージャーからの挨拶、そしてカードマスターXからの開会の宣言とともにカードゲームはスタートしました。

最初は、期待と不安で想定通り無口で静かな空間が続きましたが、最初のカードゲームであるワードウルフは、みんなで『あるお題』について話し合う中、『みんなとは異なるお題』を与えられた少数派の人(ワードウルフ)を探し出すというアイスブレイクに最適な簡単なルールなので、15分もしないうちに先程の静けさが嘘だったかのように、会場は適度にざわめき盛り上がってきました。



本当に幅広い層の年齢の方々にお集まりいただきましたが、当初マネージャーから聞いていた「社員同士の会話があまり無い」という状況が想像できないほど、皆が笑顔でカードゲームを、そして会話を楽しんでいました。

次のカードゲームである人狼ゲームは、正体を隠して人間に紛れ込む「人狼」と、言動から推理して人狼を暴き出す「人間」のチーム戦となり、欺けるか、見抜けるか、心理的な駆け引きを楽しむカードゲームとなります。ワードウルフよりは少し複雑なルールとなるため、ルールをすぐに理解できる人とそうでない人がいましたが、チーム内でルールについて教え合ったり、スタッフを交えて確認をしたり、それはそれでチーム一丸となり活発なコミュケーションが生まれていました。
ルールを理解してからの人狼ゲームは大盛り上がりで、声のボリュームも徐々に大きくなり、会場は和やかな笑い声に包まれていました。



最後のカードゲームとなるコードネームは、2つのチームに分かれて、1つの単語をヒントに、コードネームを持つ25人のエージェントの中から味方のエージェントを全て当てるという一言で説明するのは難しい頭脳派カードゲームです。コードネームのときは、各テーブルにスタッフが説明員として付き、事細かくルール説明をしました。
一部ルールを理解した社員がリーダーシップをとって、チーム全体を引っ張っていきスムーズにカードゲームを進めていく様子が各テーブルで見ることができました。
閉会時間ぎりぎりまで参加者全員がカードゲームを、そして社員同士の会話を楽しんでいました。



最後はカードマスターXがお見送りをし、みんな笑顔で和気あいあいとした雰囲気の中、会議室を後にし各自の職場へと戻っていきました。

3時間という短い時間でしたが、普段の業務を忘れ魔法にかかったような時間を過ごしていただいたと思っています。
後日、仕事中に会議室の前を通った時「あぁ、この部屋でカードゲームやったなぁ、盛り上がってたなぁ」とみんなの良い思い出となってくれたら幸いです。

体験してみないと分からない特別な空間なので、言葉で100%伝えることは難しいですが、ご興味のあるご担当者様がおりましたら、弊社までお問い合わせいただければ当日の様子をお伝えすることができますので、お気軽にお問い合わせください。

page top